縁結びのラブサーチ

ラブサーチ縁結びで知り合った女性といい感じになりました。
そして、始めて彼女の自宅に招待されました。
そしたら彼女は、いきなり付き合ってほしいと言い出す。
まんざらでもなかったので、僕は同意しました。
そして、いろいろ話す前に、トイレに行きました。
好きなときに自由にトイレに行けないのだと思うと、尿意というのは急に高まるようです。
ラブサーチ縁結びで知り合った彼女は眉を潜めまじた。困惑の表情です。
彼女は、露骨に面倒くさそうな表情を見せました。結婚したら先が思いやられます。
私が交際を受け入れた途端に、彼女は、精神的に優位に立ったようで、態度も言葉遣いも少しずつ横柄になりました。
私は立ち上がりました。逆に、私は自然と卑屈になっていました。
そして、そのまま外食したいと言うので、外に食べに行きました。料理を作るのが、面倒くさくなったようです。
部屋を出るとき、女性は、興味深そうにじっと私を見つめました。「来なさい」彼女が生唾を飲み込む音がはっきりと聞こえました。婚活サイトが縁で彼女と出会いましたが、いい出会いかどうかは今のところ分かりません。運命のいたずらかもしれません。ラブサーチ縁結び 結婚はある程度の妥協が必要? 結婚はお互いが納得するのが一番理想的ですが、そうはうまくいかないのが現実だと思います。結論から先に言いますが「結婚にはある程度の妥協は必要です」。
これが現実だと思います。これから結婚を考えている方が読むと批判的な意見も出るかもしれません。しかし、男も女も完璧な人はいないものです。たまに全てに優れてる方もいますがごく希です。
よく結婚式の年配の方からのスピーチにありますが「結婚したら片目を閉じる」と言うますがその通りだと思います。「美人は3日で飽きる」とかも同じだと思います。
相手に完璧を求めずだいたい7~8割ぐらいが丁度良いと思います。足りない2~3割をお互い助け合うのが本当の夫婦像だと思います。そのくらいの妥協しないとそもそも結婚なんてできません。
それは、「完璧な相手を探す」と等しい位難しいことと思います。結婚生活に夢を持つのは当たり前ですが現実は生活環境が違うパートナーと一緒に暮らすのは妥協の連続みたいなものです。
逆を言えばそこが夫婦関係の面白いところです。そこに必要なのは会話や共感だと思います。妥協だらけではうまくいかないので会話をしてこれからの結婚生活を共通点を見出して新しい生活環境を作ることが大事なことと思います。
というのはだいたい結婚してから10年位経つ人から必ず出るアドバイスです。たぶん年数の続く夫婦にはわかるのかもしれません。逆に新婚さんには仲が良すぎて見えない部分なのかもしれません。
今まで社会人として生活して20年以上経つと早く結婚した人もいれば新婚さんの人もいるのでそれぞれの話を聞いているとだいたいそんな感じです。
客観的に話を聞くと「お互いの妥協」と言うより「お互いの歩み寄り」に近いかと思います。
私生活・子供の教育等のたくさんの問題が生じた時に夫婦のそれぞれ正直な意見は食い違ってもお互いに真摯に話し合ってお互いの妥協点に歩み寄りがとても必要です。
これは結婚生活を長く続けるコツみたいなものだと思います。それができないと逆に破綻することもあると思います。一番最初に「妥協は必要です」と結論を言いました。
それは、けして悪い意味で妥協すると言うわけではありません。お互いの意見を出し合いその中で最適な方向に導くための妥協点です。これは、夫婦関係でなくても全てに当てはまると思います。

会社の人間関係も同じです。仕事だって「いつも自分が正しいから妥協は一切致しません」って人いたら嫌ですよね!

カテゴリ